農地を預けたい、農地を借りたい皆さまへ農地中間管理事業

理事長あいさつ

理事長日頃は当公社の運営及び農地中間管理事業に対するご理解とご協力を賜り、誠にありがとうございます。

農地中間管理事業につきましては、事業開始後2年が経過し、関係各位のご尽力により制度が地域へ浸透し、本格的な事業活用が進み、昨年度は約2,750haの借入れ・貸付けの実績となりました。また、新たな農地集積につきましても、平成26年度の65haから、昨年度は、507haと大幅な増加となっており、こうした実績があげられてきたことは、農業者のかたをはじめ、市町村、農協等関係機関の皆様方のご協力によるもので、厚くお礼申し上げます。

その一方で、課題も見えてきました。受け手農業者のかたが少ない中山間地域での事業活用の難しさ、また、更なる新規集積の確保など、今後解決しなければならない問題があります。

こうした課題に対応するためには、当公社としても、皆様方との連携をより一層深め、地域に入り込んだ啓発活動や、地域の話合いを通じて農地集積を進める取組を強化していく必要があると考えております。

昨年度から、地域駐在を2箇所に設置するなど推進体制の強化を図ってきたところですが、今年度もこれまで以上に地域に足を運んだ推進活動を展開してきたいと考えておりますので、お気軽にご相談ください。

3年目となる本年度は、本事業を軌道にのせるための重要な年になると考えております。これまでの取組みの検証をしっかりと行い、課題を整理したうえで効果的な対策を講じていくことが必要であると考えておりますので、皆様方の一層のご支援・ご協力をお願いいたします。

平成28年7月
岐阜県農地中間管理機構
一般社団法人 岐阜県農畜産公社
理事長 平工 孝義

更新情報・お知らせ

農地中間管理機構からの更新情報・お知らせ一覧

農地中間管理事業とは

都道府県に1つ設置される「農地中間管理機構」が、農地の受け皿となり、機構が借り受けた農地を担い手へまとまりのある形で農地を利用できるよう配置し、貸し付けを行う事業です。
※なお、岐阜県においては一般社団法人岐阜県農畜産公社が「農地中間管理機構」の指定を受けました。

農地中間管理事業の仕組み

お問い合わせ

【一般社団法人岐阜県農畜産公社 農地部】
岐阜市藪田南5丁目14番12号(岐阜県シンクタンク庁舎内)

電話番号

その他事務に関するお問い合わせ一般社団法人岐阜県農畜産公社公式ホームページ

農地中間管理事業とは農地の貸し借りの流れ農地を借りたい方へ農地を貸したい方へトピックス・お知らせ